宝石WEBセミナー 「ルビー初級B」開催のお知らせ

今回は、「高度な合成ルビー」と「含侵処理などの価値がなくなる処理石」の見分け方を勉強します。

「高度な合成ルビー」は、今までの合成ルビーと違い、非常に良質で色も良く、内包物などを入れ込んだまさに天然同様の仕上がりです。
知らなければ数百万の損失につながるケースも出てきています。
合成ルビー対策として通常行われている買取店の簡易検査では、現状、天然・合成の判断が極めて困難な品質です。
現在判明している「高度な合成ルビー」の特徴と、買取店として知っておくべき対応策について解説いたします。

また、処理ルビーに関しても、見た目は奇麗な真っ赤な色味ですが、処理をされている場合は価値が大幅に下がるものなど多々あります。
例えば、5ctで、カラーBランク、傷Bランクの天然ルビーは、製品ならば約20万円の査定となりますが、これが含浸処理ルビーであればその価値は1,000~3,000円程度にすぎません。
天然だからと言って安心できない処理石について、その内容を知るだけでも買取の現場では役に立つと思います。

宝石WEBセミナー ルビー初級B

  講師:藤森祥平(宝石総合科学研究所 代表)
  開催日時:2021年4月21日(水)13時 開始予定
  セミナー:120分程度(途中休憩あり)
  セミナー配信方法:Zoomミーティング

詳細・お申込みはこちら